美容師の苦悩の日々を告白


by 3zdrs46qth

不合格者に合格書類 首都大東京、謝罪も「不合格は変わらない」(産経新聞)

 首都大学東京(東京都八王子市)が昨年12月に実施した平成22年度の推薦入試で、不合格者に誤って合格通知の書類を郵送していたことが18日、分かった。

 同大学によると、昨年12月2日、都市教養学部の推薦入試の合格者番号が掲示され、職員がその番号を元に合格関係書類発送。ところが、職員が送付データを打ち込む際に住所と氏名と間違え、不合格となった男子受験生に書類を発送してしまたっという。

 書類が12月4日、受験生に届き自分の受験番号と違うことに気づき発覚した。大学側は受験生に事情を説明し謝罪した一方、「不合格は変わらない」としている。

【関連記事】
センター試験設問で「外国人参政権容認?」
センター試験 ミスの発端は信州大の試験監督者
追試対象は過去最多の961人 インフルは500人超
合格するぞ!必勝祈願スパート 東京・湯島天神
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外

小沢氏が政治資金問題を陳謝 「違法行為はない」と弁明も(産経新聞)
「ゴキブリ退治して」増える要望相談110番(読売新聞)
石川議員元秘書の自民勉強会での証言要旨(産経新聞)
福、願いまして〜今宮戎神社(産経新聞)
首相動静(1月11日)(時事通信)
[PR]
by 3zdrs46qth | 2010-01-19 17:24