美容師の苦悩の日々を告白


by 3zdrs46qth

空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)

 防衛省統合幕僚監部は15日、平成21年度に領空侵犯の恐れがある外国機への航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が299回だったと発表した。前年度に比べ62回の増加。領空侵犯はなかった。

 ロシアが197回(約66%)で最多。北海道から沖縄あたりまで南下する長距離飛行が目立った。次いで中国38回、台湾25回だった。増加のうち42回は、昨年7月に中国・台湾間に新設された航路の民間航空機へのもの。8月まで飛行プランを事前把握できず、照合のため緊急発進した。

【関連記事】
防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過
「日本の存在示した」ハイチPKO中即連隊長に聞く
防衛省、普天間の過去案めぐり自民に説明拒否
「自立した防衛力必要」 田母神俊雄氏が『田母神大学校』刊行
外国人地方参政権問題に一石

「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)
「偽札の捜査中」点検するふり、バッグ盗む(読売新聞)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
競争条件、第三者委が審査=郵政の新業務進出で−政府方針(時事通信)
鳩山政権「命続くかどうか」=普天間、県外移設を疑問視−渡部氏(時事通信)
[PR]
by 3zdrs46qth | 2010-04-20 06:39